1.杭州・蕭山区が中国のデジタル経済優先地区に

 「デジタル産業化、産業デジタル化、都市デジタル化」をテーマにした会議が、杭州市蕭山区で開かれた。デジタル経済を蕭山区の新しい代名詞にするため、デジタル産業クラスターを育て、産業のデジタル化を促進する計画を提案した。会議では、蕭山は今後4年間でデジタル経済の中核産業の規模と付加価値を2倍にし、情報経済とデジタル経済の集合体を、2020年までにそれぞれ最大1200億元にするという目標を発表した。蕭山では、人口智能、スマート医療、製造加工、工業ビッグデータなど、専門的な産業クラスターが徐々に形成されている。【浙江在線等 2018年11月22日】