1.杭州・蕭山区が中国のデジタル経済優先地区に

 「デジタル産業化、産業デジタル化、都市デジタル化」をテーマにした会議が、杭州市蕭山区で開かれた。デジタル経済を蕭山区の新しい代名詞にするため、デジタル産業クラスターを育て、産業のデジタル化を促進する計画を提案した。会議では、蕭山は今後4年間でデジタル経済の中核産業の規模と付加価値を2倍にし、情報経済とデジタル経済の集合体を、2020年までにそれぞれ最大1200億元にするという目標を発表した。蕭山では、人口智能、スマート医療、製造加工、工業ビッグデータなど、専門的な産業クラスターが徐々に形成されている。【浙江在線等 2018年11月22日】

2.上海、杭州、寧波の3都市で地下鉄QRコード乗車相互利用がスタート

 「長江デルタ地域の地下鉄QRコード乗車相互利用始動式」が開かれ、上海、杭州、寧波の3都市間において、地下鉄QRコードの乗車相互利用が正式にスタートした。これにより、上海地下鉄アプリ「METRO大都会」を使用することで、上海地下鉄に乗車ができるだけでなく、杭州地下鉄や寧波地下鉄にも乗車が可能となる。また、「杭州地下鉄」、「寧波地下鉄」のアプリを使用することで、上海地下鉄にも乗車することが可能となる。今年末までに、杭州と寧波間でも相互利用が実現する予定だ。【浙江在線等 2018年12月2日】

3.2018年浙江省健康産業発展報告を発表

 浙江(杭州)国際バイオ医薬産業投資サミット及び第4回浙江国際健康産業リーダーサミットが杭州で開催された。この会議で、「2018年浙江省健康産業発展報告書」が発表された。2017年浙江省の健康産業の付加価値は2597億元にのぼり、2016年に比べて14.8%増となり、浙江省のGDP成長率より7ポイント高く、健康産業の付加価値は初めて全省GDPの割合の5%を占めた。浙江省の健康産業の総生産は6,483億元で、前年より10.3%増加した。【浙江在線等 2018年12月7日】

4. 寧波から蕭山空港までのアクセスバスがスタート

 今月18日より寧波から杭州蕭山空港へのアクセスバスが運行を開始する。寧波南バスターミナルと蕭山空港間を約100分で結び、毎日運行する。寧波南バスターミナルの始発出発時間は6:10、最終出発時間は18:55、杭州蕭山空港からの始発出発時間は9:50、最終出発時間は21:20。チケットは、南バスターミナル、センターバスターミナル、東バスターミナルの窓口などで購入することができる。【浙江在線等 2018年12月10 日】
          

1.湖北省の国家級技術移転モデル機関は20に達し、華中で最多に

 湖北省の国家級技術移転モデル機関は20に達し、省級の技術移転モデル機関も50に達した。近年、湖北省では技術移転仲介サービス体系が絶えず整備され、科学技術成果の湖北省における産業転換を、転換成功後に補助金を支給する形式で促進し、仲介サービス機関が省の各市や州、大学等をフルカバーするよう努めている。現在、武漢大学技術移転センター、華中科学技術大学技術移転センター等の20機関が国家技術移転モデル機関に指定され、華中で最多となっており、科学技術成果の産業転換の成果がすでにいくつか出ている。【湖北要聞 2018年12月3日】

2. 武漢天河空港が浦東‐武漢の貨物専用便を開通

 金鵬航空は、12月4日より武漢から上海浦東までの貨物専用の往復便を開通させた。毎週5便で、貨物は順豊グループの宅配便が主である。この路線の開通に伴い、順豊の宅配便を主とした国内の貨物専用便は合計3本に増え、上海‐武漢間の貨物輸送がよりスピードアップする。【財経新聞 2018年12月4日】

3. 湖北黄(岡)黄(梅)高速鉄道が正式に着工

 12月10日午前、武九客専湖北公司は、湖北省の黄岡で黄岡‐黄梅鉄道の建設着工動員大会を開き、黄黄高速鉄道が正式に着工した。黄黄高速鉄道は全長125q、設定時速は350qで、『国家中長期鉄道網計画』の中の「八縦八横」の一つである武杭(武漢-杭州)高速鉄道、京九(北京-香港)高速鉄道の重要な組成部分となる。【湖北要聞 2018年12月11日】

4. 湖北省11月の貿易額は過去最高、1〜11月の輸出入総額は昨年通年を超える

 武漢税関の最新のデータによれば、11月の湖北省の輸出入額は史上最高となり、1〜11月の累計総額は、前年同期比12.9%増の3,205.1億元で、既に昨年の通年実績3,134.3億元を超えた。このうち、輸出は同11%増の2,064.2億元、輸入は同16.3%増の1,140.9億元に達した。また、11月単月の輸出入総額は、同42.1%増の427.4億元で、単月としては史上最高となった。中でもアメリカとの輸出入額は同70.1%増の63.5億元に達し、これも史上最高で、「一帯一路」沿線国家との貿易額の伸び率も20.7%に達した。【湖北要聞 2018年12月13日】

中国の春節

中国の春節は旧暦(陰暦)の1月1日に当たり、西暦(陽暦)

では下記の通りとなります。

  年  2015  2016  2017  2018  2019
月日曜

 2月19日

  (木)

 2月8日

 (月)

 1月28日

 (土)

 2月16日
(金)
 2月5日
(火)

春節暦

2018年以降の春節の日程

2018年2月16日 2019年2月5日  2020年1月25日 2021年2月12日 

2022年2月1日  2023年1月22日 2024年2月10日 2025年1月29日

2026年2月17日 2027年2月6日  2028年1月26日 2029年2月13日

2030年2月3日  2031年1月23日 2032年2月11日 2033年1月31日

2034年2月19日 2035年2月8日  2036年1月28日 2037年2月15日

2038年2月4日  2039年1月24日 2040年2月12日 2041年2月1日

2042年1月22日 2043年2月10日 2044年1月30日 2045年2月17日

2046年2月6日  2047年1月26日 2048年2月14日 2049年2月2日

2050年1月23日

2019年 中国公休日

[元 旦]  1月  1日(火):2018年12月30日(日)〜2019年1月1日(火)

                           ※12月29日(土)振替出勤

[春 節]  2月  5日(火):2月4日(月)〜2月10日(日)

                           ※2月2日(土)、2月3日(日)振替出勤

[清明節]  4月  5日(金):4月5日(金)〜4月7日(日)

[労働節]  5月  1日(水):5月1日(水)

[端午節]  6月  7日(金):6月7日(金)〜6月9日(日)

 [中秋節]    9月13日(金):9月13日(金)〜15日(日)

[国慶節]10月  1日(火):10月1日(火)〜7日(月)

                                     ※9月29日(日)、10月12日(土)振替出勤

2019年 香港公休日

[元 旦] 1月1日(火)

[春 節] 2月5日(火)〜2月7日(木)

[清明節] 4月5日(金)

[耶蘇受難節] 4月19日(金)、4月20日(土)

[復活節翌月曜日] 4月22日(月)

[労働節] 5月1日(水)

[仏誕節] 5月12日(日) ※5月13日(月)に振替

[端午節] 6月7日(金)

[香港特別行政区成立紀念日] 7月1日(月)

 [中秋節翌日]  9月14日(土)

[国慶日] 10月1日(火)

[重陽節] 10月7日(月)

[クリスマス] 12月25日(水)

[ボクシング・デー] 12月26日(木)