1.浙江省の上半期GDP、2.5%増と落ち込む

浙江省の上半期のGDP(第2四半期のGDPは前年比0.1%増)は、前年比2.5%増、3億6222億元となった。また、浙江省の上半期の貿易総額は、前年比17.3%増2兆2600億元となった。そのうち、輸出は20.3%増の1兆6600億元、輸入は9.8%増5947億4000万元、それぞれ全国3位、2位、6位となった。輸出入と輸入の伸び率は、東部沿海部の主要対外貿易省・市で1位、輸出の伸び率は2位となった。    

【央広網等 2022年7月18日】

2.「2022年中国人材魅力指数トップ50」杭州は第3位

「2022中国都市人材魅力指数報告」によると、杭州は「2022年中国人材魅力指数トップ50」で3位となった。今年7月中旬までに大学卒業1年以内の青年9万4000人が杭州で就職している。杭州はハイテク企業だけで10000社以上あり、ソフトウェアと情報技術サービス業、科学研究と技術サービスなどの人気が高い。    

【杭州網  2022年7月25日】

 

3.浙江省内各地で40度を超える熱波、猛暑

台州市三門・天台・臨海、麗水市青田、温州市永嘉、嘉興市などで、観測史上、最高気温記録を更新し、三門は43度を突破した。23日には、51カ所で「高温赤色警報」が発令された。省内各地で40度越える猛暑が続き、6日連続で最高気温「40度」を超えた湖州や台州などでは「人工降雨」による対策措置がとられた。     

 【浙江日報等 2022年7月24日】

4.台州の大陳島で「グリーン水素」総合実証プロジェクト稼働

このほど、台州の大陳島で豊富な風力を利用した「グリーン水素」総合実証プロジェクトが正式に動き出した。「グリーン水素」は、再生可能エネルギーで水を分解して得られる水素を指し、製造過程で二酸化炭素を排出しない。同プロジェクトは「大型充電器」に相当し、電力消費のピーク時や送電網の点検修理などの状況下で大陳島の緊急用電力を保障する。 

【AFPBB NEWS 2022年7月12日】

 

1.(中国) 上半期のGDPは56兆2642億元、貿易総額は19.8兆元

上半期の中国のGDPは前年比で2.5%増、56兆2642億元になった。第2四半期のGDPは、前年同期比0.4%増の29兆2464億元となり、四半期毎のGDPの発表を始めた1992年以降で2番目に低い数字となった。特に、上海はコロナの影響を大きく受け、第2四半期の前年比5.7%減、上半期は前年比13.7%減と大きく落ち込んだ。また、税関統計によると、上半期の貿易総額は前年比9.4%増、19.8兆元となり、輸出は13.2%増の11.14兆元、輸入は4.8%増の8.66兆元だった。

【中国政府網等 2022年7月13日】

 

2.(中国) 上半期の可処分所得ランキング 北京が3.9万元で第1位

2022年上半期の省別可処分所得は、北京市が3万9391人民元で、前年トップの上海市を上回り首位となった。2位の上海市は3万8996元、3位の浙江省は3万2443元だった。上海市では3月末5月にかけ、コロナウイルス感染拡大によるロックダウンが実施されており、これが影響した可能性が指摘された。  

【亜州ビジネスChina 2022年7月25日】

3.(中国) 猛暑により電力不足と豚肉価格高騰の恐れ

中国では、連日猛暑が続き、農作物生産にも打撃を与えており、食品価格が更に高騰する恐れがある。トウモロコシ、大豆、小麦、牧草の生産が高温の影響を受ける可能性があり、大豆とトウモロコシは養豚の主原料のため、豚肉は特に大きな影響を受けている。7月1日までに、豚肉価格は3月から46%上昇した。13日には、全国84都市で、24時間以内に気温が40度を超えると見込まれるときに出される赤色警報が発令した。エアコンの普及にともない、電力需要が極端に逼迫し始めている。浙江省エネルギー局は、住民と企業に節電を促すとともに、杭州市、紹興市、海寧市のポリエステル生産会社や織物捺染会社など、エネルギー集約型の企業への電力供給を制限している。           

【CNN 2022年7月15日】

 

4.(中国) 国際数学オリンピック 中国全員満点で国別1位

ノルウェーで開かれた「第63回国際数学オリンピック」で、中国代表6人全員が満点を取り、国別でも第1位となった。国際数学オリンピックは、世界の多くの国の高校生以下の算数・数学好きな生徒を選び、その才能を伸ばすために、1959年から毎年7月に各国持ち回りで開催され、今年は104カ国から589人が参加した。チーム全員が満点を取ったのは1994年の米国に続き2度目。                  

【Record China 2022年7月18日】

5.(中国)世界農業遺産登録認定 中国が世界最多の18件

中国の3件の伝統的農業システムが新たに世界農業遺産に登録認定され、中国の世界農業遺産数は、18件となり世界最多となった。新たに認定されたのは、海上シルクロードの文化的なシンボルとなっている「福建省安渓県の鉄観音茶文化システム」、遊牧農業遺産として中国で初めて認定され、世界の持続可能な牧畜業と脆弱な牧場の見本となっている「内蒙古自治区赤峰市アルホルチン旗の草原遊牧システム」、代表的な乾地農業文化の一つ「河北省邯鄲市渉県の乾地農業石堰棚田システム」の3件。       

【CRI 2022年5月24日】

中国の春節

中国の春節は旧暦(陰暦)の1月1日に当たり、西暦(陽暦)

では下記の通りとなります。

  年  2017  2018  2019  2020  2021
月日曜  1月28日
(土)
 2月16日
(木)
 2月5日
(火)
 1月25日
(土)
 2月12日
(金)

春節暦

2018年以降の春節の日程

2018年2月16日 2019年2月5日  2020年1月25日 2021年2月12日 

2022年2月1日  2023年1月22日 2024年2月10日 2025年1月29日

2026年2月17日 2027年2月6日  2028年1月26日 2029年2月13日

2030年2月3日  2031年1月23日 2032年2月11日 2033年1月31日

2034年2月19日 2035年2月8日  2036年1月28日 2037年2月15日

2038年2月4日  2039年1月24日 2040年2月12日 2041年2月1日

2042年1月22日 2043年2月10日 2044年1月30日 2045年2月17日

2046年2月6日  2047年1月26日 2048年2月14日 2049年2月2日

2050年1月23日

2022年 中国公休日

[元 旦]  1月  1日(土):2022年1月1日(土)〜2022年1月3日(月)                     

[春 節]  2月  1日(火):1月31日(月)〜2月6日(日)

                           ※1月29日(土)、1月30日(日)振替出勤

[清明節]  4月  5日(火):4月3日(日)〜4月5日(火)※4月2日(土)振替出勤

[労働節]  5月  1日(日):4月30日(土)〜5月4日(水)

              ※4月24日(日)、5月7日(土)振替出勤

[端午節]  6月  3日(金):6月3日(金)〜6月5日(日)

中秋節]  9月10日(土):9月10日(土)〜9月12日(月)

国慶節]10月  1日(土):10月1日(土)〜7日(金)

                                     ※10月8日(土)、10月9日(日)振替出勤    

 

〈国務院弁公庁2021年10月25日発表〉 

2022年 香港公休日

元 旦] 1月1日(土)

[春 節] 2月1日(火)〜2月3日(木)

[清明節] 4月5日(火)

[耶蘇受難節] 4月15日(金)〜4月17日(日)

復活節翌日] 4月18日(月)

[労働節] 5月1日(日):5月1日(日)〜5月2日(月)

[仏誕節] 5月8日(日):5月8日(日)〜5月9日(月) 

[端午節] 6月3日(金)

[香港特別行政区成立紀念日] 7月1日(金)

中秋節]  9月10日(土):9月10日(土)〜9月12日(月)

[国慶日] 10月1日(土)

[重陽節] 10月4日(火)

[クリスマス] 12月25日(日)

聖誕節翌日/ボクシングデー] 12月26日(月)

[振替休日] 12月27日(火) 

《2021年5月28日香港政府発表》

5. 杭州アジア大会、2023年9月に開催

新型コロナウイルス感染の影響により延期となっていた、第19回アジア競技大会は、2023年9月23日〜10月8日に開催されることになった。     

【CRI 2022年7月19日】