5.(中国)世界農業遺産登録認定 中国が世界最多の18件

中国の3件の伝統的農業システムが新たに世界農業遺産に登録認定され、中国の世界農業遺産数は、18件となり世界最多となった。新たに認定されたのは、海上シルクロードの文化的なシンボルとなっている「福建省安渓県の鉄観音茶文化システム」、遊牧農業遺産として中国で初めて認定され、世界の持続可能な牧畜業と脆弱な牧場の見本となっている「内蒙古自治区赤峰市アルホルチン旗の草原遊牧システム」、代表的な乾地農業文化の一つ「河北省邯鄲市渉県の乾地農業石堰棚田システム」の3件。       

【CRI 2022年5月24日】